1 4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34
2 5 8 11 14 17 20 23 26 29 32 35
3 6 9 12 15 18 21 24 27 30 33 36





 
   

立活

平成27年7月2日

花材  アガパンサス 山ドウタン トルコキキョウ


アガパンサスは、根本が曲がっていない物を二本選び、高さを90センチくらいにして活けます。
アガパンサスの葉を花の曲に沿って活けて、前あしらい後ろあしらいなどに使います。
副の山ドウタンは、真の3分の2くらいの長さにし、体のあしらい、体先にも使います。
初夏の花に適している作品です。


アガパンサス  属名はギリシャ語で愛を意味する「アガペ」と花を意味する「アントス」の組み合わされたもので、「愛の花」という意味になる。 和名はムラサキクンシラン、英名はアフリカンリリー(African lily)である。 日本へは明治時代の中期に渡来した。

 


   

盛花  傾斜型

平成27年7月15日

花材 瑠璃玉アザミ リンドウ トルコギキョウ 山ドタン


瑠璃玉アザミを2本用意し、高さを60センチ位にし、すこし傾斜していけます。
山ドウタンを副、客位、控、中間のあしらいに使い、緑の中から中間の花を挿します。
瑠璃玉アザミが、涼しさを感じさせ夏の時期に適している作品です。玄関・洋間向き


瑠璃玉アザミ 主な開花期は夏、淡いブルー、もしくは白色の小さな花がまとまって咲き、直径4cm~5cmのまんまるな球形(頭状花)になります。その姿からルリタマアザミ(瑠璃玉薊)の和名があります